失敗しない医師の転職の方法とその理由とは?転職を成功させる転職サービスのメリット・デメリット

医師の転職の方法

まず、ご自身のコネクションからの紹介を受ける場合、信頼している方からの紹介ですので、安心できると思います。
しかし、同僚や先輩上司の紹介で、転職をされる場合、希望条件、待遇など、希望条件・・待遇からみるとかなり譲歩せざるを得ないケースも少なくありません。
また新しい職場に合わず退職する際には、退職説明や理由に気が引けてしまいます。
場合に拠っては紹介者の顔を潰してしまうことになりかねません。

 

次に、自らが病院などの医師求人情報を見て問い合わせする場合、自分自身の責任において決定、交渉できますので、安心感や納得の転職が出来る可能性が高くなります。
しかし、転職に関わる手続き一切を自分自身で行う必要がありますので、現在の勤務との両立も考えなければなりません。
また単独での交渉となりますので、採用や交渉のプロである相手のペースで話が進んでしまう可能性があります。
逆に客観的な視点(診療科による平均年収や病院種類による週の勤務日数平均など)を持たないことから、無理な要求をしてしまい、破談となる例も少なくありません。

 

最後に医師紹介会社に依頼する場合についてです。
メリットは何と言いましても、自分に合う求人案件を提案してくれることです。
また第三者を挟むことになりますので、遠慮なく自分の希望条件を提示し易く、また面倒で細かい交渉事をコンサルタントに任せることができます。そのため転職するまでの時間や気持ちに余裕も生まれます。
デメリットとしては、紹介会社の転職コンサルタントの個人、実力差によって希望の転職が左右される可能性があることです。

 

上記のことを十分に理解したうえで、転職の方法を選択されるとよいでしょう。

 

⇒ 医師転職サイトランキング

 

医師転職サイトの求人の探し方

医師転職サイトでの求人の探し方については以下の方法があります。

 

自ら転職サイト内で探す場合です。

 

一般病院、診療クリニック、特別老人ホームなど「施設形態」から探す方法、内科系、外科系その他の「診療科目」から探す方法、全国の「都道府県」から探す方法、外来、病棟管理、透析管理、オンコール無しなど「業務内容」から探す方法、年収2000万円以上(高収入)、専門医などの「特徴」から探す方法、製薬医、施設長、院長候補などの「ポジション」から探す方法などがあります。

 

また「ゆとり勤務」、「祝日勤務」、「連続勤務」、「高額求人」、「科目不問」、「新幹線通勤 可」、「週4日勤務」、「当直無し」などのキーワードで探す方法もあります。

 

もちろん、希望条件、待遇を担当のコンサルタンに伝えたならば、しばらくお待ちいただくことで、希望される条件、待遇の求人またはそれに近い候補となる求人を精査し、紹介してもらえます。

 

⇒ 医師転職サイトランキング